シミ取りブログ

皮膚科でレーザを使いシミ取りしました。その後の経過や写真をご紹介します。

シダトレン体験談 舌下免疫療法でスギ花粉症は治るか?治療効果を検証する

全国でスギ花粉症の方は何千万にもいるそうですが、私もその一人。

実は30歳までまったく花粉症ではなかったのですが、突然発症して毎年2月になると鼻水と喉の痛みに悩まされます。

 

最近このスギ花粉の根本治療として花粉を身体に取り込む舌下免疫療法が保険適用になったと知りました。

 

ネットの口コミなどを見ると、人によっては効果が出るのにものすごく年月がかかるらしいですが、花粉症とおさらばできるならとやってみることに。

 

舌下免疫療法の効果でスギ花粉症が治るのか自らの身体で検証し、体験談を報告したいと思います。

 

舌下免疫療法をはじめる時期は花粉の時期を避けること

舌下免疫療法を始める時期は花粉が飛んでいない時期となります。

通常は6月~11月ではないでしょうか。

このあたりはお医者さんに相談してください。

ちなみに、私は6月から始めることにしました。

 

そして舌下免疫療法の治療期間は最低でも3年と言われています。

途中で挫折する人もいるそうなので、我慢強い人しか向いていないかもしれません。

 

なお、舌下免疫療法の効果は人によりますが、8割くらいの人に効果があるとか。

すごい期待してしまいます。

 

 

アレルギーの血液検査

まず舌下免疫療法を始めるには、舌下免疫療法をやっている耳鼻科を探す必要があります。

やっていない病院もあります。

幸い、私の近所には舌下免疫療法を行っている耳鼻科がありましたので、さっそく治療をお願いすることにしました。

 

最初に、本当にスギ花粉症なのかどうか血液検査が必要となります。

結果はだいたい1週間くらいで出ます。

ちなみに、私の血液検査の結果です。

f:id:yuhi_t:20180120165511j:plain

スギ:4

ヒノキ:3

 

明らかに花粉症のアレルギーが現れています。

本人的にはかなりの重症の部類と思っていたので当然といえば当然。

ちなみにこの数値は0~6のクラスで表されていて数値が多いほど重症だそうです。

 

2週間かけて徐々に花粉を取り込んでいく

さて、めでたく花粉症であることが証明されたので、舌下免疫療法の治療が開始されることになりました。

 

今後の流れとしては、花粉を徐々に身体に取り込んでいって慣らしていくという作業になります。

薬局でシダトレンという舌下免疫療法の薬をもらいました。

青い小さなスプレーで、毎日決められた量を舌の下にプッシュし2分間保持します。その後は飲み込みます。

 

・1週間目

うすめのシダトレンを徐々にスプレーしていく

 

・2週間目

さらに濃いシダトレンを徐々にスプレーしていく

 

詳しい用法はこちら

 

 

1プッシュ目で身体に異変が

さて、私の身体だけの問題だと思いますが、何と最初の1本目のボトルのワンプッシュをしたあと、2時間ほどで徐々にお腹が痛くなってきました。

 

どちらかというと腹痛もちなので、いつものやつかと思っていたらさにあらず。

1時間しても2時間しても収まらず、これはアナフィラキシーショックではないかなと思って病院に駆け込むことになりました。

 

しかし、当日は日曜日で残念ながら耳鼻科はお休み。

仕方なく開いている内科をなんとか探して受診しました。

しかし内科の先生も最新の舌下免疫療法の症例など知るはずもなく、とりあえず胃薬をもらうということでその日はなんとか我慢しました。

 

翌日、耳鼻科にいって体調不良について先生と相談しました。

 

飲み込むと内臓に影響が出るかもしれないということで、舌で保持したあと飲み込まずはき出すことにしました。

 

ここで免疫療法をやめてしまえば、一生後悔すると思い継続することに。

 

その後は何の変化もなし

シダトレンをはき出すように変更してからというもの、一切腹痛はなくなりました。

 

結局腹痛はシダトレンのせいなのか、それとも何か別の要因なのかわかりませんでしたが、腹痛という障害がなくなったことで俄然舌下免疫療法を続けていく決意がかたまりました。

 

ただ、薬の濃さを上げていく段階で舌の下がピリピリする感覚があり、少し炎症を起こしたようになりました。

しかしこれも日数がたつうちに慣れてきたのか正常になりました。

 

15日目以降からは毎日同じ量を服用する

さて、15日目までいくとその後は毎日同じ量を舌に入れるようになります。

この15日目以降はボトルではなく、小型のパックになります。

パックの口をちぎって、中からシダトレンの液体を出して舌下に垂らします。

 

2分間保持するのは同じです。

 

なお、投薬から1ヶ月の間は、毎週1回通院する必要があります。

アレルギーにお薬のため、毎週医師が診断する決まりになっているようです。

これはどの耳鼻科にいっても同じだそうです。

 

1ヶ月後からは月に1度の通院

シダトレンを使い出してから1ヶ月、特に身体に変化はありませんでした。

夏ということもあり、スギ花粉も飛んでいないため、現在の自分の身体の状態はわかりませんでした。

なお、1ヶ月後からは月に1度の通院でよくなります。

毎回耳鼻科の先生に最近の鼻の調子などを質問されて答えるだけです。

 

6ヶ月後2回目の血液検査

最初の血液検査から6ヶ月後に2回目の血液検査を行います。

この検査でスギ花粉にどのくらい反応しているかを確認するためです。

ちなみに、こちらは舌下免疫療法6ヶ月後の数値です。

f:id:yuhi_t:20180120175228j:plain

スギ花粉:6

 

なんと、半年前より数値が悪化していました。

おそらくシダトレンを毎日取り込んでいるせいでスギに対するアレルギーがとりあえずマックスになったのだと思います。

 

シダトレンがうまく効いてくればこの数値はどんどん下がっていくはず。

だからちょっとショックですが、まだ半年。

 

最低3年は続けないという舌下免疫療法です。

 

シダトレンをはじめて初めての花粉の季節

さて、現在2018年2月。舌下免疫療法をはじめて約9ヶ月です。

いよいよスギ花粉治療をはじめて初めての花粉の季節がきました。

 

普通、2月の第1週くらいになると鼻がムズムズしてきて花粉が飛んだのがわかります。

今年もわかりましたが、いつもの年より感じない?

 

ん?

 

もしかして舌下免疫療法が効果をだしてきたのか?と興奮しました。

 

しかし、その淡い期待も2月も後半になってスギ花粉が大量に飛び始めると失望に変わりました。

今年は昨年よりスギ花粉がたくさん飛んでいるらしいですが、やはり症状のひどい年と今年の症状は変わらずでした。

 

鼻は常時完全につまっていますし、寝ているときも途中で起きて点鼻薬を注入する始末。

 

しかし、なぜか今年は目のかゆさをほとんど感じませんでした。

これが舌下免疫療法の効果なのかよくわかりません。

 

当初、舌下免疫療法の効果を確かめるために、毎年飲んでいたザイザルとモンテルカストを飲まずにいたのですが、症状がきつくなってからは両方の薬を飲んでいます。

 

とりあえず、今年はまだ効果なしということで、引き続きシダトレンを毎日飲むことします。

 

シダトレンをはじめて一年

花粉症の季節も終わり、今年の夏は猛暑ですね。

 

さて、シダトレンをはじめて一年。

効果を確かめるため、血液検査をしました。

 

結果は…

 

スギ花粉 6

 

6って一番重症なんですよね。

結果いまのことろ効果なし。

シダトレンの舌下免疫療法を始める前は3だったので、シダトレンのせいで明らかに体内のスギ許容値がいっぱいになり悪化したということ。

 

しかし、これは想定内です。

 

ここから身体がスギ花粉に慣れて、数値が落ちてくるというのが、先生の見立てです。

 

さてどうなるか。

次の血液検査が楽しみですね。

 

 

今後の治療効果についてはまたご報告します!