シミ取りブログ

皮膚科でレーザを使いシミ取りしました。その後の経過や写真をご紹介します。

自毛植毛のアスク井上クリニックにカウンセリングに行ってきたので体験談を書く

アスク井上クリニック1階

先日、自毛植毛で有名なアスク井上の無料カウンセリングを受けてきました。

 

いろいろ気づいたことなどがありましたので、このブログでその時の様子などをご紹介します。

 

自毛植毛ならアスク井上クリニックへ

 

アスク井上にカウンセリングをお願いするに至った理由

実は2,3年前から生え際が後退しはじめているのが気になっていました。

 

普段鏡を見ている分にはそれほどわからないのですが、写真に撮るとこれが実によくわかる。

 

特に遠くから撮影した写真だと細かい毛や産毛自体が写らないため、余計にM字部分がはげ上がっているように見えるせいかもしれません。

 

この間、ミノキシジルタブレットとフィナステリドでなんとか増毛を図りましたが、どうもM字にはあまり効果がないようでした。

 

それでもミノキシジルの影響は結構あって、他の部分の髪は結構濃くなったように思います。

ただ、フィナステリドはホルモンに影響を与える薬のため、途中でやめてしまっていました。

もしかしたらこれがよくなかったのかもしれません。

 

いずれにしても加齢による薄毛が静かに進行しているのは間違いなく、なんとかしなければというのは毎日鏡で顔を見る度に思っていました。

 

自毛植毛自体は実は一度受けたことがあって、その時は頭頂部の植毛でした。

当時は今と違って頭の皮を剥いで手術するタイプのやつ。

 

これは、頭に傷跡が残るだけではなく、術後も結構痛かったりするのでまた同じ手術をするのは嫌だなと。

 

それで、前回とは違う医院はないかと検索していたところ、昔より自毛植毛をやってくれる医院が増えていることを知りました。

 

しかも、最近は私が経験したようなタイプではなく、毛を一本ずつとって手術する傷跡が目立たないタイプらしい。

 

保険が利かないので相変わらず費用はばか高いのですが、次に植毛するならこれだなと。

 

その中でもいろいろな医院を調べたところ、アスク井上クリニックに辿り着きました。

 

アスク井上クリニックの売りは主に2点あります。

 

・後頭部を刈り上げなくてもできる植毛

・人間の生え際のデザインを考慮した植毛

 

 

通常、植毛は半永久的に生えてくる後頭部から側頭部にかけての毛を採取して、禿げている部分に植える手術です。

そのため、後頭部を刈り上げる必要があります。

 

刈り上げるくらいどうってことないという方もいますが、普段から髪が長めのヘアスタイルだとこれは大変なことです。

 

もちろん、刈り上げた後をしばらく隠すためのウイッグ(かつら)も付けてもらえるのですが、できたらそんなことはしたくないですよね?

 

そのため、アスク井上クリニックでは刈り上げなくても毛髪を後頭部から採取する技術を確立して手術しているというのです。

ただ、私は普段から後頭部を短めにしているので、これは関係ないなと思いました。

しかも、この刈り上げなくてもできる植毛手術はちょっとお値段が割高なのです。

 

私が惹かれたのは、もう一つの特長である「生え際のデザイン」にこだわりがあるところです。

 

今回手術をしてもらうのが頭頂部だったら、デザインはそれほど気にならなかったと思います。

 

しかし、今回はM字です。

 

生え際は正面から見えますし、人の印象をとても左右するので、ここはうまい先生にやってもらいたいと思ったのです。

 

そんなわけで、アスク井上クリニックの無料カウンセリングを受けてみることにしました。

 

場所は新宿歌舞伎町のその奥!

無料カウンセリングはWEBから問い合わせて行いました。

その後、クリニックからすぐにメールで連絡があってカウンセリングの日時を調整しました。

 

向かったのは歌舞伎町。

 

クリニックのメールでは西武新宿線新宿駅北口で降りたら一番早いと書かれていました。

しかし、JR新宿駅の東口に用があったので、そこから歩くことに。

 

西武新宿線新宿駅はJRから結構離れていることで有名です。

歌舞伎町に沿うように走っている電車です。高田馬場で降りる人が多く、新宿駅の乗降客はそれほど多くありません。

 

歌舞伎町から新大久保の方に向かってどんどん歩きます。

平日の昼間だったこともあり、普通の仕事をしているとは思えないような人達とすれ違います。

 

最近は随分きれいに整備されましたが、やはり歌舞伎町はちょっと怖い街だなと思いながら。

 

アスク井上クリニックがあるのは、大久保病院の裏手。本当に西武新宿線新宿駅北口の目の前です。

 

だから、これからアスク井上クリニックに行く人は西武新宿線新宿駅北口で降りた方が絶対いいと思いますよ。

 

エントランス

アスク井上クリニックは雑居ビルの6階にあります。

 

エレベーターの中で他の会社の人達とばったり合うと、この人植毛しにいくのか?と疑われないかちょっと気になりました。

 

ただ、大きなビルではないので、他人とすれ違う確率も結構低いのかもしれません。

 

エレベーターを降りるとすぐに受付があります。

誰もいなかったので呼び鈴を押すと30代くらいの男性が出てきて応対してくれました。

 

受付に男性がいるということ自体で普通の病院とは違う風情。

それにしても、植毛をしに来ている方にとってみたら女性よりも男性の方がありがたいのかしれません。

 

受付の横についたてのある一人掛けのソファーがあり、そこで待つように指示されます。

 

ついたてがあるのは、他の患者さんと顔を合わせないようにする配慮ですね。

ソファーの横には雑誌が置いてありましたが、なんとなく40代以上のエグゼクティブ向けの内容。

 

やはり、高額の植毛をするのは高所得者層が多いのかもしれません。

 

問診票を記入しましたが、一般的な病院と聞かれることはそれほど変わりません。

ただ、ミノキシジルやフィナステリドの使用歴などについての質問項目があるのは、さすが植毛専門医院といった感じです。

 

写真撮影

続いて写真撮影があるということで、別室に誘導されました。

 

2畳くらいの狭い部屋です。

 

女性の看護師さんが入ってきて患部をデジカメで撮影することになりました。

この写真を元に診断するんだなと。

 

正面、横、後ろを順番に撮影します。

 

女性の看護師さんということで、いくらか緊張しましたが、私は以前も植毛をやっているので、女性が相手でも1対1ならそれほど気になりません。

 

後で聞いた話では、この看護師さんも井上先生とずっと長く仕事をしている方らしいです。

 

井上先生は元々アイランドタワークリニックの院長だった方なので、その頃からの看護師さんということなのかもしれません。

 

 

その後、受付で待っていると事務局の男性が挨拶に来られて名刺交換しました。

この方も井上先生とずっと一緒に仕事をしている人だそうです。

見た目は偉い部長さんみたいですが、とっても腰が低くて丁寧な対応で好感。

 

植毛に来ている人は、みんなそれぞれ不安を抱えてきているはずなので、医院側の人が腰が低くて話しやすいと嬉しいですよね。

 

診察とカウンセリング

さて、そんなことをやっているうちに井上先生の診断を受けることになりました。

 

業界のレジェンドといわれる先生はどんな人なのか興味がつきません。

 

診察室に入ると、すでに井上先生が待機されていました。

少しお疲れの様子。

聞くところによると、それまで別の方の手術を行っていたとのこと。

 

だいたい一人にかかる時間が6~8時間くらいらしいですね。

その間ずっと立ち会うわけではないそうですが、それでも他の医院よりかなりの長時間です。

 

まず事前に書いた問診票や私の写真を見つつ、すぐに頭部を見せてくださいということになりました。

 

髪の中のあちこちをチェックすること2分くらい。

その間ずっと沈黙です。

なお、この診察には事務局の男性も一緒に立ち会われます。

 

 私の場合は10年以上前に植毛をやっているため、現在の状況を確認したり、髪の流れとか毛の生え方をチェックされているのだろうなと思われました。

 

その後、私の生え際の写真を机の上に並べて、どういう風にしたいかというのを聞かれました。

自分で鉛筆で毛を生やしたいところを描くわけです。

 

この作業については以前植毛した病院での行ったので経験があります。

こちらの希望と手術をするプロの見立ての差を埋めるための作業です。

 

この鉛筆で描く作業は自分の希望を正直に言った方がいいですね。

結局実現できるかどうかは、髪の状態や予算との兼ね合いもあるためです。

 

私の場合はM字の修正レベルなので、1300グラフとくらいあればいいという話になりました。

 

一貫して井上先生はとてもソフト。

先生というようりも職人みたいな感じで静かな方でした。

 

ゴリゴリに営業されたらどうしようと思っていたので、そこはホッとした点ということで皆さんも参考にしてください。

 

結局この診断自体は15分くらい。

もっと長いかなと思っていましたが結構あっと言う間に終わりました。

 

スケジュール・予算説明

 その後、また別室に移動しました。

今度は、事務局の人と一対一です。

 

まず、井上先生の施術を求めている方が非常に多く、半年先まで予約でいっぱいだということ。

 

その他、今回の診察から必要な費用を割り出して、定価やキャンペーン価格などについてのお話をしてもらいました。

 

もしかしたら3ヶ月先までは予約がうまっているかな、とは思っていましたが、まさか半年とは思っていませんでしたの驚きました。

 

なにしろアスク井上クリニックは、井上先生が一人で手術をしているそうで、他にも若いお医者さんがいるそうなのですが、やはりみんな井上先生に施術してもらいたい。

 

そういうこともあって予約がいっぱいなのだそうです。

 

まあ、当然か。

 

自分も井上先生がうまい具合に生え際をデザインしてくれると思ってカウンセリングを受けているので、同じ気持ちの人は多いということですね。

 

というわけで、半年先の予定になりましたが、とりあえず予約を抑えてもらい、本日は終了ということになりました。

 

まとめ

今回カウンセリングを受けていろいろわかったことなどがありましたので、やはり実際に先生に見てもらうことは重要だなと。

 

また、病院内の様子や他のスタッフがどんな人かというのも概ねわかったので、そういうアスク井上クリニック全体の雰囲気とかも掴めたのがよかったです。

 

 とりあえず手術までまだ大分先なのですが、手術の様子はこのブログでまたお伝えします。

 

自毛植毛ならアスク井上クリニックへ