人間プラネット

日々気になったことをブログでご紹介します。雑記ブログ。

銀座不二家みやちく渋谷店で高級鉄板焼きを堪能してみた

宮崎牛

 

先日知り合いのちょっとしたお祝いがあり、渋谷にある銀座不二家みやちくへお邪魔しました。

 

ここ最近のステーキブーム、いきなりステーキみたいなカジュアルなお店もいいですが、どうせなら高級店でいただきたい!

 

そんなわけでGoogleマップで口コミが良かったみやちくさんへ。

 

お写真のお肉は左が特選ヒレ肉、右が超特選ロースでした。

 

ヒレ肉の方が1万4千円、ロースが1万6千円。

いずれも200g。

 

しめて3万円です!

 

ただお肉だけの値段ではなくコース料理となっています。

これ以外にもお料理が出てきますよ。

 

しかし、こんな高い肉食べたことない!

 

 

ヒレ肉

まずヒレ肉から。

一応ミディアムで焼いていただきました。

 

ナイフが音も立てずに入っていくこの感覚!さすが高級鉄板焼き屋だけあります。

そして当たり前ですが口の中で溶けていきます。

 

下に敷かれたパンは、このあと鉄板で再度焼かれてなんとデザートになる運命。そんな仕掛けもうれしい。

 

 

ロース

続いて超特選ロースをいただきました。

 

こちらはヒレ以上に霜が降ったジューシーな味わい。

口の中はお肉のジュースでいっぱいいっぱいです。

 

しかし、おっさんの胃にはこのロースの脂はちょっと重かったようで、最後の一切れはちょっといっぱいいっぱいでした。

 

ロースは一切れくらいでいいかも。あとはヒレ肉を堪能した方が良かったかもしれません。

 

さて、それ以外のお食事も紹介しておきましょう。

肉巻き

こちらは最初にでてきたキャベツの肉巻き。

この薄いお肉も美味しいのですが、後に出てくるステーキの予兆みたいな感じで出されているのかもしれません。

客に期待感をあおる作戦かな。

 

マス

こちらはマス。

お肉だけ食べるかと思っていたので、これはスゴイうれしかった。

何気に上に乗っているマスのカリカリの皮が美味しくて、これだけおかわりしたいくらい。

 

アワビのスープ

こちらはアワビのスープ。

アワビの出汁がしっかり出ていて、クリーミーな香りに包まれて不思議な味わい。

 

桜エビのご飯

お肉をたっぷり堪能した後は、桜エビの炊き込みご飯をいただきました。

桜エビも目の前の鉄板で焼いてくれるんですよ。

 

この桜エビの風味がご飯にしっかりついていて、口の中にしっかり海の香りが広がります。

 

先程まで肉汁でいっぱいだった口の中に新しい世界が広がるようです。

 

スフレ

そしてデザートはこちらのレモンスフレ。

 

隣にある三角の物体が先程までお肉を支えていたパンです。

こんな風にこんがり焼かれてデザートになるなんて素敵です!

 

以上がコースの内容でした。

 

ちなみに客層ですが、土曜日の夜に来店したので平日とは少し違うかもしれません。

 

・外資系企業の外国人役員

・松濤のお金持ち夫婦

・中国人観光客

・我々

 

こんな感じでした。

 

渋谷ならでは客層といった感じです。

 

なお、店員さんの接客はとても良かったです。

一点残念だったのは、最後のお見送りがなかったこと。

テーブル会計を済ませたら後は勝手に帰って下さいという感じで、そこが高級店にしては残念なところかなと思いました。

 

以上、銀座不二家みやちく渋谷店の鉄板焼きレポートでした。