人間プラネット

日々気になったことをブログでご紹介します。雑記ブログ。

毎日食べたくなる!スリランカのカレー【タップロボーン】

ランプライス

 

たまにはおすすめのランチを紹介しておこう。

実は最近カレーに凝っていていろいろ食べ歩いているのです。

 

写真はスリランカカレー。

 

青山一丁目と門前仲町にあるタップロボーンのランプライスというカレーです。

バナナの葉でくるんであってお店でも食べられますが、テイクアウトで持ち帰ることも可能。

 

もちろんインドカレーみたいなナンとカレーで食べるメニューもあるのですが、スリランカカレーはこのいろいろなおかずがごちゃごちゃと入っていて、これを混ぜて食べるところに特長があるそうです。

 

見た目も美しいのですが、なんといってもその味の深さが絶品。

 

ひとつひとつの食材にしっかり味付けがしてあって、それらが絶妙なバランスで存在しているのです。

 

真ん中にゆで卵が入っていて、そのまわりを様々な辛さの食材が彩っています。

下にはライスが敷き詰められていて、お腹いっぱい。

 

スプーンで口に運ぶ度に違う味わいが楽しめる仕組みになっています。

バナナの葉で蒸して作るらしいのですが、この蒸すという工程が様々な食材に統一感を与えているのかもしれません。

 

 

スリランカカレーの不思議なところは、突然食べたくなること!

クセになる味というか、深みと飽きのこない味付けや食感に秘密もがあるのかもしれません。

 

ちなみに、スリランカカレーはココナツミルクを多めに使うところに特長があるそうです。

カレーに感じるコクはこのココナッツに関係しているかもしれません。

 

こちらのお店はオーナーがスリランカからやってきて日本にお店を開いたそうです。

現在は帰化して日本人。

 

ちょっと話してみたのですが、オーナーも奥さんもめちゃくちゃいい人。

 

お店の人もみんなスリランカ人だそうです。

 

なお、青山一丁目のタップロボーンはお昼時はすぐに付近のサラリーマンやOLで満員になります。

 

もしはじめて行く場合は時間をずらして行った方がいいと思いますよ。

 

メニューのお薦めは、1,000円のワンプレートランチ。

 

写真のランプライスほどの食材は載っていませんが1,000円で十分というくらいの味が楽しめると思います。