人間プラネット

日々気になったことをブログでご紹介します。雑記ブログ。

スギ花粉 シダトレンの体験談 舌下免疫療法で2年が経過

血液検査の結果

全国のスギ花粉症の皆さん、こんにちは!

 

お久しぶりの投稿です。

舌下免疫療法をはじめて早2年が経ちました。

 

先日半年ぶりに血液検査を行いましたので結果をご報告しますね。

 

数値は再び悪化

残念ながら、血液検査の数値だけを見ると前回の検査から悪化してしまいました。

 

クラスが「5」になっています。

前回が「4」だったのが一つ悪くなったということです。

 

でも、先生の話だとこれくらいは誤差の範囲なので、確実にシダトレンの効果は見えているのかもしれません。

 

明らかに今年の春のスギ花粉は症状が抑えられました。

これは絶対に舌下免疫療法のお陰だと思っています。

 

これまでの半年ごとの検査数値はこのとおり。6が一番悪くて数字が少ない方がよくなっているということです。

 

6→4→5

(1~6段階)

 

シダトレンはタブレット型が発売されたそうです

さて、先生と薬剤師さんから聞いたのですが、シダトレンは現在の液体タイプからタブレット型に移行を進めているらしいです。

 

液体型(リキッド型)の難点として、冷蔵庫で保管しなければいけないという点があります。

 

タブレット型になれば、会社に持っていって飲むこともできますし、何より飲み忘れが減ると思います。

 

さらに、タブレット型の方がエキスが濃い?らしいです。

 

濃いならその方が効きそうですよね??

 

そんなわけで、私としては液体型のシダトレンからタブレット型に切り替えたいところなのです。

ただ、また徐々にシダトレンの濃さを増やしていく液体型と同じことを最初は行う必要があるとか。

それがちょっと面倒です。

 

とりあえず、来週診察してもらったときに相談してみようと思います。

 

それにしても、8月になっても鼻がつまる症状が今年は出ています。

夏はここ関東ではブタクサの花粉症が出る時期なので、結構飛んでいるのかもしれません。

 

詳しくは大正製薬のサイトをご覧ください。

brand.taisho.co.jp